「永久脱毛」って本当に永久? 一度脱毛したら全く生えて来ないの?

「永久脱毛」って本当に永久? 一度脱毛したら全く生えて来ないの?

毛の量や毛穴・毛根の組成には個人差もありますし、永久脱毛の歴史 自体がまだ浅いので、必ずしも「永久か?」と問われると、一概にそうとも言い切ることはできません。
ただ、医療機関で行う脱毛では、2~3年の治療を行ったところで約90%の人に6ヶ月~1年以上の脱毛効果が見られたという結果が報告されており、今ではすっかり「永久脱毛」として一般的な認識となっています。
つまり「何度か通えば永久脱毛された」と実感できるということです。

しかし初期段階の場合、表面の毛は取れても、うぶ毛は残ります。
特にレーザー脱毛はうぶ毛や白髪には反応しにくいので(レ―ザーは黒に反応するため)実際に毛穴の毛根を破壊したところからは生えてきませんが、その周囲の皮膚や毛穴の中に入ってしまっている毛が頭を出してくることもあります。これを埋没毛といいます。
そうしますと、同じ所からまた生えてきたように感じることもあります。

レーザー脱毛の場合、毛の生え変わるサイクルのうち、成長期のものに照射した分のみが永久的に脱毛されるといわれています。さらに、わたしたちの目に見える毛は、表層に出ている毛は15~20%程度であるとされていますので、レーザー脱毛では「1回目の処置は表面の毛を見えなくする目的」であるということになります。脱毛効果はだいたい3回目くらいから「目に見えて毛が少なくなってきた!」という実感で得られるでしょう。大きな実感を得たければ、最低でも5回程度 はレーザー脱毛で照射する必要があります。

レーザー脱毛の場合は3回でおよそ半分の毛が無くなり、5回ではおよそ7割の脱毛が可能になるということで、このあたりからは「毛が減っている」という実感が得られます。そして回数を重ねるとうぶ毛だけになって気にならなくなります。

永久脱毛の決め手は 毛根を破壊 することによって毛を再生させないようにすることです。医療機関でのレーザー脱毛、電気脱毛(ニードル脱毛)などで毛穴の毛根を破壊してしまうと体毛は再生できなくなりますので、レーザー脱毛の場合で5~10回、電気脱毛(ニードル脱毛)の場合2~5回で「永久に脱毛された」と実感する人が多いです。広範囲の毛を処理するには「レーザー脱毛」、脱毛効果の永続性をさらに追求するのでしたら「電気脱毛(ニードル脱毛)」が向いていると言えます。

一方、自己処理以外で脱毛を行う場所と言えば、医療クリニックの他に、脱毛サロンやエステなどがあります。
ただし、電気脱毛(ニードル脱毛)や高出力のレーザー装置を使った脱毛は「医療行為」とされ、厚生労働省では、2001年に『医師免許の無い者が、医療目的の高出力のレーザー機器で脱毛をすることは医師法違反』という決定を出しました。そこでエステティックサロンはレーザーの出力値を抑えた機械や、レーザーではない特殊光を使った光脱毛(フラッシュ脱毛等)で対応することとなりました。ですのでエステや脱毛サロンなどの脱毛は医療機関の脱毛と比べて一回の施術での脱毛効果は低いと言わざるをえません。

ただ、脱毛サロンやエステでのレーザー脱毛は、低出力のため一度の施術の効果は低いものの、脱毛行為の原理としては医療機関でのレーザー脱毛と同じことをやっているので、根気よく何度も通えば(毛周期に合わせて2~3ヶ月に一回、合計で2~3年)医療機関での永久脱毛と同じ効果が得られます。
また最近では多くの脱毛専門サロンもでており、価格破壊が以前の高額な脱毛メニューのイメージを一掃しています。手軽に通え、安く、しかも一回の施術の際の「痛み」が少ないのがメリットといえるでしょう。

■■■関連記事■■■
→永久脱毛って、どんな方法で行うの?種類や特徴を教えて!

【レーザー脱毛】固定費効果測定用プログラム


以下「教えて!脱毛相談室」カテゴリー内の記事一覧です。



    レーザー脱毛~毛深いワタシにさようなら~のTOPへ



管理人について 忘れられない苦い思い出
毛深さ・毛深さの改善に関すること 多毛症について 体毛に関する基礎知識
今までの私が試した方法 自分でできる方法の基礎知識 雑学
美容整形・クリニックの場合 レーザー脱毛の基礎知識 不安や疑問にお答えします
体験記 永久に毛が生えないの? 施術を終えてみて