とにかく「痛いのが嫌」なんです。そんな私でも大丈夫ですか?

とにかく「痛いのが嫌」なんです。そんな私でも大丈夫ですか?

痛くない脱毛 の技術は日々進歩していますので、痛みに関して不安な方は、術式にこだわってクリニックやサロンなどを選べば心配することはありません。

電気脱毛(ニードル脱毛)とレーザー脱毛、そしてエステなどで採用されている光脱毛(フラッシュ脱毛等)の場合では、それぞれ痛みの程度が異なります。
「痛みと施術方式の関係」で比べると、「光脱毛」⇒「レーザー脱毛」⇒「電気脱毛」の順に痛みが増して来ます(下図参照)。ただし、永久性とか効果を比べると、順番が逆になります。



また、「体毛の濃さ」や「脱毛を施す部位」によっても痛みは異なります。
毛の本数や密度が大きいほど施術時間が長くなり、出力も増えますので痛いです。
部位的に言えば、「ひざ・顔・スネ」などの骨の近くの部位は痛みが強く、脂肪が多めのところは痛みが弱いです。

→脱毛「痛い場所」ランキングはこちら(14へリンク)

【施術方法について】
ご自分で「痛みに弱い」もしくは「毛が濃い」と感じている方に最もオススメな施術方法は、脱毛サロンやエステなどで主流となっている「光脱毛」です。フラッシュ脱毛・IPL脱毛・プラズマライト脱毛・コスモライト脱毛などとも表記されますが、すべて光脱毛の種類で、これらの呼び方の違いは使われる光の種類の違いであり、原理は同じです。レーザーより出力の弱い特殊な光線を、毛や毛根付近のメラニン色素に照射して反応させる施術方法で、肌への影響がほとんど無く「痛みの程度」は 最も軽度 です。
さらに、保湿と冷却効果のあるジェルを塗って痛みを和らげているサロンも人気です。

→痛みの少ないサロン・エステ人気ランキング

レーザー脱毛の場合の痛みは、「輪ゴムで強く肌をはじいたような感じ」と表現されることが多く、当サイトの管理人の経験から言えば、光脱毛(フラッシュ脱毛等)の約2倍の痛さ(※痛みの感じ方には個人差があります。また部位によっても異なります)。
「まったく痛くない」という意見から、「毛の密度が濃いため、痛かった」という意見まであり、痛みの評価は分かれるところですが、「電気脱毛(ニードル脱毛)と比べると確実に痛みの程度が低い」ということは言えます(※上図参照)。
また、レーザー脱毛の場合は1度目より2度目の施術の時のほうが毛の量が減り、毛も細くなっているので、施術時間も短くなり、痛みの程度も減っていきます。
さらに、レーザー脱毛は医療行為ですので、クリニックによっては「麻酔を使ってくれる」、もしくは「痛みを和らげる冷却ガス装置がついている」というところもあります。

→痛みの少ないレーザー脱毛クリニック人気ランキング

電気脱毛の場合はレーザー脱毛よりは痛みの程度が強く、「痛みに弱い」と思っている方にはオススメいたしません。

脱毛に限らず、歯医者さんや耳鼻科に行くときも「痛くないのかな」と不安になることはありますよね。確かに電気脱毛(ニードル脱毛)は痛いです。レーザー脱毛の場合も、毛が濃くて剛毛の方には苦痛に感じることがあります。ただし「痛み」の度合いは、永続性や効果と比例しますので「痛みを我慢してでも短期間で効果的に済ませてしまおう」と考えている方は多いです。そのへんの兼ね合いを考慮して施術を受けてください。
永続的に無駄毛の悩みから開放されることを思えば、輪ゴムで強くはじかれる程度の痛みくらいなら我慢できないことはなかったという経験者の声が多いのも事実です。

■■■関連記事■■■
→永久脱毛って、どんな方法で行うの?種類や特徴を教えて!
→痛みの程度は、術式で違うもの?「痛くない脱毛方法」ありますか?

【レーザー脱毛】固定費効果測定用プログラム


以下「教えて!脱毛相談室」カテゴリー内の記事一覧です。



    レーザー脱毛~毛深いワタシにさようなら~のTOPへ



管理人について 忘れられない苦い思い出
毛深さ・毛深さの改善に関すること 多毛症について 体毛に関する基礎知識
今までの私が試した方法 自分でできる方法の基礎知識 雑学
美容整形・クリニックの場合 レーザー脱毛の基礎知識 不安や疑問にお答えします
体験記 永久に毛が生えないの? 施術を終えてみて