クリニックやエステの施術と、家庭用脱毛マシンを使用した時の違いをくわしく教えて!

クリニックやエステの施術と、家庭用脱毛マシンを使用した時の違いをくわしく教えて!

まず、「本格的なレーザー脱毛」は、医療機関でしか行えないということ。
ですから 家庭用脱毛機(脱毛マシン)は、脱毛サロンやエステティックサロンなどで使用される光脱毛(フラッシュ脱毛等)用の機器の小型版か、あるいはレーザー方式でも、きわめて出力の低いマシンだということになります。

そして、クリニックやエステなどの施術は熟練の専門のスタッフが行いますし、機械も業務用の大型を使います。当然電圧や、出力や、照射効果なども異なってきますし、自分で行う家庭脱毛マシンとは脱毛具合が違うことも多いでしょう。

家庭用の脱毛機のご購入をお考えの方におぼえていてもらいたいことは、その 購入目的 を「永久脱毛」ではなく、あくまでも一時的な「除毛」と考えておいたほうがガッカリすることが少ないということ(永久脱毛が目的でしたらやはり専門機関、特にクリニックのレーザー脱毛を利用するほうが、効果、仕上がりともに納得のゆくものになるでしょう)。また、脱毛後のケアなども自己流になりがちなので、肌トラブルに対する注意が必要なことでしょう。

ただし、家庭用の脱毛機は、面倒な予約もいらず、ご自分の時間に合わせて、好きな時に好きなだけ脱毛ができるというメリットがあります。
しかも、技術の進歩とともに、最新型 の家庭用脱毛機でもエステとあまり変わらない効果をあげる高性能な機械が出てきていることも事実です。これは、パソコンやデジカメ、携帯電話の進歩のことを思い浮かべてもらえればわかります。

家庭用の脱毛マシンの特徴は以下の通りです。

【家庭用レーザー方式 5~10万円】
照射面積が1c㎡ぐらいで狭く、1回1回の処理が面倒
太い毛・デリケート部分は結構痛い (※個人差あり。出力1から慣れが必要)
充電しながら使用できない、電池が切れやすい
本体がやや重い
細かいうぶ毛等の脱毛にはやや不向き

【家庭用フラッシュ方式 5~15万円】
レーザー方式よりは広範囲に脱毛できる
永久的かどうかは不明確(それでも高性能化している)
消耗品が必要になることがある
全身脱毛しようとすると時間がかかる(照射する部分がコンパクトなため)


■■■関連記事■■■
→家庭用脱毛機、いちばんのオススメはこちら

【レーザー脱毛】固定費効果測定用プログラム


以下「教えて!脱毛相談室」カテゴリー内の記事一覧です。



    レーザー脱毛~毛深いワタシにさようなら~のTOPへ



管理人について 忘れられない苦い思い出
毛深さ・毛深さの改善に関すること 多毛症について 体毛に関する基礎知識
今までの私が試した方法 自分でできる方法の基礎知識 雑学
美容整形・クリニックの場合 レーザー脱毛の基礎知識 不安や疑問にお答えします
体験記 永久に毛が生えないの? 施術を終えてみて