毛を抜く方法

毛を抜く方法

毛抜き

毛根から引き抜くので、表面上、きれいに脱毛されたように見えます。

しかし、毛根部はそのままなので、また生えてきます。

1本ずつ抜いていかねばず、とても時間がかかり、抜くたびに痛みを伴います。

毛穴とは逆の方向に引っ張ることも多く、毛穴から細菌が入り、
炎症を起こしたり、毛のう膿炎になったりする可能性もあります。

また、毛を抜く事によで、血球の供給を増やし、
前よりも太くて根深い毛を生えさせようと、
毛自体がどんどんたくましくなろうとする習性があるようです。

すなわち抜けば抜くほど、濃く強くたくましくなってゆくのです。

嫌ですね。恐ろしいですね。

また、無理に引き抜くので、

途中で毛が切れて皮膚の中に埋もれてしまう場合もあります。

埋没毛と呼ばれています。

埋没毛をなんとかとろうとして、針やナイフでほじくったり、

汚れた毛抜きで傷つけたりすると、

毛のう炎になることもあります。

完治した後も、毛穴や毛穴周辺の皮膚が色素沈着をおこし

黒ずんでしまうことがあります。
【レーザー脱毛】固定費効果測定用プログラム



管理人について 忘れられない苦い思い出
毛深さ・毛深さの改善に関すること 多毛症について 体毛に関する基礎知識
今までの私が試した方法 自分でできる方法の基礎知識 雑学
美容整形・クリニックの場合 レーザー脱毛の基礎知識 不安や疑問にお答えします
体験記 永久に毛が生えないの? 施術を終えてみて