医療レーザー脱毛

医療レーザー脱毛機についてのまとめ

レーザーの種類と各社の医療レーザー機
についてまとめたものをご紹介します。


ルビーレーザー

白人の皮膚に対応可能ですが、皮膚内にメラニンの多い黄色人種には不向きのようです。
表皮のメラニンへの吸収が強く表皮が熱傷を起こしてしまうことから。


アレキサンドライトレーザー

LPIR

1996年にAndersonらが発表したレーザー理論に適合するレーザーとして
サイノシュア(Cynosure社)が、人口宝石アレキサンドライトを使用した
レーザー装置でし。

ジェントルレーズ(GentleLASE)

キャンデラ(Candela)社が開発した、冷却ガスとともにレーザーが照射されるタイプです。


ダイオードレーザー

ライトシェア(Light Sheer)

ルミナス社 (旧コヒレント社)が開発した半導体を使用したレーザーです。
小型で高効率な特性から、電子工学の分野でも良く利用されています。
1999年4月、米国FDAよりあらゆるスキンタイプに適した永久減耗の認可を受けています。
表皮のメラニンへの吸収という点では、
日焼けした肌や色素沈着の多い肌に対してもより広く適応できるようです。


ヤグ(YAG)レーザー

しわ・シミなどの治療にも使用されているレーザーです。
脱毛機としては、波長の長さから、日焼けした肌などでも安全性が高いといわれていますが、
施術後、毛が生えてきたという報告(ピークパワーエネルギーが絶対的に不足していて、十分な脱毛効果が得られなかったようです)もあります。普及率も低いようです。

しかし、その後、副作用を心配することなくう永久減毛を達成させる目的で
開発された「クールグライドゼオ」が登場しました。


ちなみに各レーザーの波長は、

ルビーレーザーは、694nm(ナノメートル)

アレキサンドライトレーザーは755nm

ダイオードレーザーは、810nm

ヤグレーザーは1064nmで、


波長が短いほどメラニンへの吸収がよくなります。

医療レーザー脱毛機 いろいろ調べてみての感想

レーザー脱毛機について、色々調べてみた結果

各機械の特徴持ち味のようなものを知ることができました。

どのレーザーの性能も、おおむね良好で
かなりの脱毛効果が期待できると感じました。

ですが、その中でも、
きる限り自分の肌質に合って、希望をかなえてくれる
レーザーを選びたいと思いました。

このことは、医療機関・クリニックを選ぶ時の
重要なポイントの一つになると思います。

【レーザー脱毛】固定費効果測定用プログラム
    レーザー脱毛~毛深いワタシにさようなら~のTOPへ