レーザー脱毛の基礎知識

レーザー誕生の経緯

相対性理論でノーベル物理学賞を受賞した
アインシュタイン博士が1920年代半ばに行っていた
「誘導放出の研究」がレーザー開発のきっかけとなっています。

1954年に、コロンビア大学C・タウンズ氏らが、
電波の一種のマイクロ派を強力にまっすぐに送り出す
装置である「水素メーザー」を開発しました。


これと同じ理論を用いて、
1960年にアメリカのヒューズ・エアクラフト社のT.H.メイマン氏が
ルビーの結晶を使い、今度は光を強力にまっすぐに送り出すレーザー発振装置を開発しました。

ほぼ同じ年代に、医療の分野では
レオン・ゴールドマン博士(レーザー手術の父と称されているそうです)により、
世界初のルビーレーザーで子供の皮膚の血管腫の治療が行われました。

その後、数年のうちに様々なものが開発され、

1980年代になって、半導体レーザー(ダイオードレーザー)の誕生を経て
飛躍的な進歩を遂げたようです。

レーザー脱毛誕生の経緯その2

1983年、ハーバード大学皮膚科ウェルマン皮膚研究所のR.アンダーソン氏とJ.A.パリッシュ氏が

「Selective Photothermolysis(選択的光熱融解理論)」を提唱しました。

この理論は、「光は、生体における特定の色素顆粒のみに光熱融解を起こさせる」というものでした。

すなわち、周囲組織には、なんら熱変化を与えることなく、
特定の色素細胞だけを選んで破壊するという理論です。

また、R.アンダーソン氏のチームが、レーザーを使用して目の周りのアザの治療を
行っていた時に、眉毛が生えてこなくなったという事実に着目しました。

この事実から、、「レーザーを使っての永久脱毛の可能性」を見出したとされています。

そして1996年、M.グロースマン氏(アンダーソン氏の後輩)によって、

ルビーレーザーを用いた 世界初
脱毛機が誕生する運びとなったのです。

※ ただし、この第一号レーザーは、皮膚表皮にメラニンが少ない白人にのみ対応可能でした。

有色人種の皮膚の表面に含まれるメラニン色素に過剰反応してしまい
光が毛根まで届かなかったり、表皮に火傷を負わせてしまうなどの結果を招きました。

(特に日本人などの黄色人種の場合、表皮に多くのメラニンが含まれるため、
ルビーレーザーのような波長の短いレーザーは不向きのようです。)

そこで次に、有色人種に対応できるレーザー脱毛機の誕生が待たれることとなったのです。

レーザー脱毛 普及までの経緯 導入期

1996年、アメリカのフルモント氏が、有色人種にも対応できる最初の脱毛レーザーLPIR(ロングパレスアレキサンドライトレーザー)を開発しました。
それが、サイノシュア社アレキサンドライトレーザーです。
アレキサンドライトという人工宝石を用いて755nmという波長を出すレーザーです。

日本にも、その翌年である1997年に導入されました。

当時、高額にもかかわらず一躍脚光を浴びました。
日本市場のシェアとしてはこのメーカーのが一番多いようです。

レーザー脱毛 普及に至るまでの経緯 発展期

その後、キャンデラ社のアレキサンドライトレーザーが日本に入ってきました。

サイノシュア社のアレキサンドライトレーザー「LPIR」との大きな違いは、

パルス幅(照射時間)が1秒に5ミリと短いことです。
(通常、短いパルスですと、火傷の可能性が高くなるのですが、
ガス冷却装置を取り付けることにより、そのリスクを回避しています。)

パルス幅が短いと、より細い毛にも対応可能となります。

その後、サイノシュア社の製品も世代交代が進み、

パルス幅が1秒あたり5~40ミリのスーパーLPIRが登場します。

レーザー脱毛 普及に至るまでの経緯 安定期

それから、コヒレント社(現ルミナス社)より、半導体を使ったダイオードレーザーが登場します。

先端のハンドルピースに冷却装置がついているために火傷を起こしにくく、
パルス幅も1秒当り、5~30ミリと広くなっていて、
レーザーの性質上、不得意分野とされているうぶ毛の脱毛にも
効果を発揮し、男性のヒゲの脱毛にも利用されています。

ダイオードレーザーは、1999年4月世界初の「永久減耗(Permanent Hair Reduction)」のFDA承認を受けています。


FDA(Food and Drug Administration of the United States Department of Health and Human Service)

米国食品医薬品局のことです。
日本の厚生労働省にあたる米国厚生省に属する政府機関です。
食品、薬品および化粧品の品質、衛生管理、宣伝広告
などについての規制を行っており、消費者保護の権限を与えられています

医療レーザー脱毛機についてのまとめ

レーザーの種類と各社の医療レーザー機
についてまとめたものをご紹介します。


ルビーレーザー

白人の皮膚に対応可能ですが、皮膚内にメラニンの多い黄色人種には不向きのようです。
表皮のメラニンへの吸収が強く表皮が熱傷を起こしてしまうことから。


アレキサンドライトレーザー

LPIR

1996年にAndersonらが発表したレーザー理論に適合するレーザーとして
サイノシュア(Cynosure社)が、人口宝石アレキサンドライトを使用した
レーザー装置でし。

ジェントルレーズ(GentleLASE)

キャンデラ(Candela)社が開発した、冷却ガスとともにレーザーが照射されるタイプです。


ダイオードレーザー

ライトシェア(Light Sheer)

ルミナス社 (旧コヒレント社)が開発した半導体を使用したレーザーです。
小型で高効率な特性から、電子工学の分野でも良く利用されています。
1999年4月、米国FDAよりあらゆるスキンタイプに適した永久減耗の認可を受けています。
表皮のメラニンへの吸収という点では、
日焼けした肌や色素沈着の多い肌に対してもより広く適応できるようです。


ヤグ(YAG)レーザー

しわ・シミなどの治療にも使用されているレーザーです。
脱毛機としては、波長の長さから、日焼けした肌などでも安全性が高いといわれていますが、
施術後、毛が生えてきたという報告(ピークパワーエネルギーが絶対的に不足していて、十分な脱毛効果が得られなかったようです)もあります。普及率も低いようです。

しかし、その後、副作用を心配することなくう永久減毛を達成させる目的で
開発された「クールグライドゼオ」が登場しました。


ちなみに各レーザーの波長は、

ルビーレーザーは、694nm(ナノメートル)

アレキサンドライトレーザーは755nm

ダイオードレーザーは、810nm

ヤグレーザーは1064nmで、


波長が短いほどメラニンへの吸収がよくなります。

医療レーザー脱毛機 いろいろ調べてみての感想

レーザー脱毛機について、色々調べてみた結果

各機械の特徴持ち味のようなものを知ることができました。

どのレーザーの性能も、おおむね良好で
かなりの脱毛効果が期待できると感じました。

ですが、その中でも、
きる限り自分の肌質に合って、希望をかなえてくれる
レーザーを選びたいと思いました。

このことは、医療機関・クリニックを選ぶ時の
重要なポイントの一つになると思います。

【レーザー脱毛】固定費効果測定用プログラム
    レーザー脱毛~毛深いワタシにさようなら~のTOPへ