自分でできる脱毛方法の基礎知識

脱毛方法の基礎知識

こちらでは、

主に私が今までに体験した脱毛方法に関する知識や
経験に基づくアドバイス(になっているとよいのですが^^)
をまとめたものをご紹介していきたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。

カミソリ

痛みがなく、一度にたくさんの範囲の脱毛(しかも短時間)が可能です。

しかし実は、カミソリで毛を剃ることは、一緒に皮膚の角質も削り取ってしまうことでもあるのです。

その結果、皮膚が丈夫になろうと抵抗?して厚くなり、カミソリ負けや黒ずみ、色素沈着などの症状を招きます。

特に、毛の流れに逆らって剃る、いわゆる「逆剃り」は、よくありません。

皮膚が傷みやすくなります。剃り過ぎ(頻度)逆剃りには、

くれぐれもご用心ください。

またお風呂場には意外に雑菌が多い為、入浴中に処置する場合は炎症を起こす可能性が高くなります。

また錆びてしまったカミソリで剃ったりすると、毛穴から雑菌が入り込み、

毛のう炎(ニキビの親玉のような症状)になる場合もあります。

常に清潔を心がけ、処置後のお肌には、ローションやクリームなどをすりこんで、

スキンケアをお忘れなく。


このようにカミソリは、痛みもなく(間違って皮膚を切ってしまう場合は別として)
手軽な方法ですが、適切な処理をしないと肌にダメージを与えて荒れたりしますので
ご注意ください。

また、カミソリの刃によって、仕上がりもかなり変わってくるようです。

その人その人のお肌との相性というのもありますが、

できれば、なるべくグレードの高い質のよいものをお薦めいたします。

それぞれの部位に適したカミソリもいろいろと種類が出回っているようです。

ただし、男性用の刃を使うのはよくありません。
男性用のカミソリは、逆ぞりで、皮膚に深く入るようになっています。
デリケートな皮膚の女性が使うと、大事な皮膚の表面まで剃れてしまって、お肌をいためます。。
必ず女性専用の刃を使ってくださいね。

毛を抜く方法

毛抜き

毛根から引き抜くので、表面上、きれいに脱毛されたように見えます。

しかし、毛根部はそのままなので、また生えてきます。

1本ずつ抜いていかねばず、とても時間がかかり、抜くたびに痛みを伴います。

毛穴とは逆の方向に引っ張ることも多く、毛穴から細菌が入り、
炎症を起こしたり、毛のう膿炎になったりする可能性もあります。

また、毛を抜く事によで、血球の供給を増やし、
前よりも太くて根深い毛を生えさせようと、
毛自体がどんどんたくましくなろうとする習性があるようです。

すなわち抜けば抜くほど、濃く強くたくましくなってゆくのです。

嫌ですね。恐ろしいですね。

また、無理に引き抜くので、

途中で毛が切れて皮膚の中に埋もれてしまう場合もあります。

埋没毛と呼ばれています。

埋没毛をなんとかとろうとして、針やナイフでほじくったり、

汚れた毛抜きで傷つけたりすると、

毛のう炎になることもあります。

完治した後も、毛穴や毛穴周辺の皮膚が色素沈着をおこし

黒ずんでしまうことがあります。

脱毛ワックス・脱色剤を使う方法

脱毛ワックス・シート

ワックスを温めて脱毛したい部位に塗り、固まったら一気に剥がす。

あるいは、ワックスのついたシートを肌に貼り、一気に剥がす。

という方法です。

毛根から抜けますし、一度に広い範囲を脱毛できます。

しかし毛根部はそのままですので、また生えてきます。

毛が途中で切れてしまい、皮膚の中に埋もれたり(埋没毛)、鳥肌状になることもあります。

また、感覚にも個人差があるとは思いますが、引き剥がす時に、そうとうの痛みを伴います。

私の場合、思い出しただけで、涙がにじみます。

また剥がす際に皮膚を傷つけてしまい、赤く腫れたり、かぶれたり、時には、

内出血を起こしてしまうこともあります。


脱色剤

クリームを毛が隠れるくらい厚くぬり、色が抜けたのを確かめてから、

洗い流したり、ふき取ったりします。

皮膚の色と近くなり目立たなくなりますが、

下から黒い毛が伸びてくると、脱色した部分と黒い部分が混じり、

まだらに見えてしまいます。

刺激の強いクリーム(または液体状のもある)を直接肌に塗りますので、

肌の弱い人は、かぶれや炎症を起こす恐れがあります。

除毛クリーム・ムース 脱毛ジェル

除毛クリーム・ムース

クリームやムースを塗り、しばらく放置してから洗い流したり、ふき取ったりする方法です。
体毛の成分であるたんぱく質を溶かしてしまいます。

毛根は残りますので、また生えてきます。

使用前に必ずパッチテストを行いお肌の反応を確かめてから行う必要があります。

塗ってから長時間放置しすぎると肌が炎症を起こす場合もあります。

毛根が開き、毛穴が目立ち次に生えてくる毛が太くなることもあります。


脱毛ジェル(冷やすタイプ)

ジェルを塗った上から専用シートを貼り、

コールドスプレーで冷やします。

その後、シートを一気に剥がします。

剥がす時は、やはりそれなりに痛みを伴います。

冷やすことで、よりスムーズな脱毛が可能となります。
毛根から脱毛できるので、
毛周期を遅らせ、むだ毛が生えにくくなります。

【レーザー脱毛】固定費効果測定用プログラム
    レーザー脱毛~毛深いワタシにさようなら~のTOPへ