私が試した脱毛方法

ええ!!剃っても、大丈夫?

さて、長い?諦観期を経た私は、

高校に進学してから、再び自らの「毛深さ」と真正面から
向き合うようになりました。

そのきっかけを作ってくれたのが、クラスメイトの
友人矢田あきよ(仮名)さんでした。

矢田さんは、健康的で小麦色の肌がとても素敵な女の子でした。
彼女の手足はいつもスベスベで
毛深さとは全く無縁で、私には実にうらやましい存在でした。

毎日学校で矢田さんに会うたびに、
いつも彼女のスベスベの手足に嫉妬と羨望が入り混じった
複雑なまなざしを送ってしまっていました。

そんなある日のことでした。

遠足のバスでたまたま席が矢田さんの隣になった時

私は、ついに、というか、うっかり、彼女の腕を見て
つぶやいてしまったのです。

「ええなあ。毛、全然、ないんやね。」

すると彼女は、あっさり、こう答えました。

「ああ、これ、これはみんな剃ってるねん」

私は、とても驚きました。

そして、ついつい以下のような調子で、問いただしてしまったのです。
「ええ!!剃っても、だ、 大丈夫なん? 濃くならへんのん?」

彼女は、ちょっと面食らいながらも、気ぃよく答えてくれました。

「だ、大丈夫やよ。別に毎日剃ってるけどなんともないけど・・・」


剃・っ・て・も・濃・く・な・ら・な・い?


まさにそれは
私にとり、
セイテンノヘキレキでした!!

初めての安全カミソリ その1

遠足から家に帰る途中
ドラッグストアに寄って
私は生まれて初めて安全カミソリ
購入しました。

剃っても濃くならない

なんと、うれしく、たのもしい言葉で
あったことでしょう!!
あの日、母の言ったことはまちがいだったのです。
げんに、矢田さんは、毎日剃っているのに
あんなにスベスベでいるではありませんか!!

剃っても濃くならない

私は、安全カミソリが入った袋を握り締め
るんるん♪な気持ちで、家に向かいました。

矢田さんのように
つるつるスベスベになった
自分の手足を思い浮かべると、
ついつい笑みがもれ
足取りも軽くなってゆくようでした。

初めての安全カミソリ その2

家に着くと、はやる気持ちを抑えつつ、真っ先に自分の部屋へ向かいました。

窓を開け、しばらく呼吸といっしょに心の準備を整えてから、袋から安全カミソリを取り出しました。

そしてカミソリの刃を、恐る恐る、腕に密生する憎っき左腕の「毛」に当ててみたのです。

それから

えい!!という感じでカミソリを動かしました。

シャリッと剃れました。

その刹那、遠い昔(小学生時代)に「はさみ」で切った時のことが、フラッシュバックして ちょっと胸が痛みました。

今回は、剃った跡をしっかり確認しました。

あの時のような「黒いゴマ」みたいになっていないかどうか・・・。

大丈夫でした。安心して、また少し剃ってみました。

シャリシャリ

また確認しました。OKでした。

調子づいてきて、どんどん剃り進めました。

シャリシャリ。シャリシャリ

そんな感じで左腕は、ほとんど剃り終えました。

想像していたほどではないにしろ、まあまあ、満足のいく仕上がりでした。

その時私はまだ自分が重大なミスを犯していたことに気づいていませんでした。

異変に気づいたのは、たしか左足をちょうど剃り終える頃だったと思います。

さっき剃った左腕がやけにヒリヒリし始めたのです。

そうです、なんと私は、
石鹸もシェービングクリームも何も塗らない状態でカミソリを
使い続けていたのでした。

今思えば、あまりに無知、あまりに無謀でした。

そして当然といえば当然ですが

すっかりカミソリ負けを起こしてしまったのです。

剃った跡が赤く腫れ上がり、ヒリヒリして痛いのなんのって。

軟膏をすりこんで処置をしましたが、

つるつるスベスベどころの話ではありませんでした。

それどころか

見るからに剃りました^^。負けました^^;  という状態になっていました。

でもまあ不幸中の幸い?とでもいうのでしょうか

高校は私服でしたので、私は長袖とジーンズで登校し、誰にも気づかれずにすみました。

季節は初夏で、私の格好は、不自然といえば不自然でしたが、友人の前では
風邪気味を装ってなんとかごまかしました。

カミソリ負けが、おさまるまで、カミソリはやはり怖くて使えませんでした。
どうも私の皮膚はあまり丈夫な方ではないようで、
完治するまでにけっこう時間がかかってしまいました。

その間、中途半端に伸びてきた「黒ゴマ状の毛たち」を目にするたびに、

あの小学校時代の忌まわしい記憶をよみがえらせてしまったことは、

言うまでもありません。

















とほほ。

初めての除毛クリームその1

おかげさまで、その後「カミソリ負け」も 無事完治しました。

さすがに、もう一度チャレンジして見る気には
しばらくなれませんでした。
「またあんなふうに赤くなってヒリヒリしては
かなわない。」
そう思って恐ろしくなったのです。

(しかし、結局、カミソリで剃るという方法が、レーザー脱毛にめぐり合うまで
私にとって、一番出番が多い脱毛方法となっていたようです。)

次に私が見つけた方法は

脱毛クリーム

でした。

この方法は広告で偶然知りました。

「薬の力で、毛を溶かしてつるつるのスベスベになれるなんて、まあなんて画期的!!」

と、イメージを思い描いて感激したものです。

初めての除毛クリームその2

早速、ドラッグストアへ行き、除毛クリームを購入しました。

広告の商品とは、違っていましたが(広告の商品は、かなり高価でした)

当時自分のおこずかいで買える範囲のもので我慢するしかなかったのでした。

それがどうもよくなかったようです。いわゆる安物買いの銭失い?とでもいうのでしょうか。

結果的に、私は、除毛クリームの使用をを断念せざる得ませんでした。

と、いいますのも、使用説明書に書いてあった通りに、使用前にパッチテストなるものを行ったのですが、

そのテストで、そのクリームが自分の肌に合わないことが判明してしまったのです。

おまけに、そのクリームは、薬クサくて強烈に変なニオイで、気分が悪くなりました。

というわけで、除毛クリームは、あっさりあきらめました。

後に社会人になってから、高価なものを試してみましたが、私にとっては

使い心地も、仕上がりもマバラになってしまい、さほど満足のいくものではありませんでした。

最初で最後の脱毛ワックス

次にチャレンジしてみたのは

脱毛ワックスです。

痛かった」という記憶だけが鮮明すぎて

その他の状況があまり詳しく思い出せないくらいです^^;

曖昧な記憶をたどりながら、ご紹介したいと思います。

たしか

お湯で温めたワックスを
患部(?)に塗っていき
固まったら
一気にべりべりっと剥がしていったように思います。

私の場合、一気に剥がす勇気がなくて
かなり、もたついていたような記憶があります。

「毛抜き」も、かなり痛かったですが。

それとは比べ物にならないほど痛かったです。

それでも固めてしまった以上
そのままにしておくわけにもいかず

「はがすしか、もう道は、他に残っていないのだ」

と、思い至りました。

なんだか絶対絶命の窮地に立たされた感じでした。

それで泣く泣く目を閉じて息を止め
エイヤーーと、私なりに一気にはがしたのだと思います。

一瞬から数十秒くらい?

の短い時間だったとはいえ

とにかく痛かったです。その一言に尽きます。

そんな痛い思いをしたのにもかかわらず、
仕上がりは、かなりマバラで、途中でちぎれてしまったものとか、
うまく剥がれなかったものとかもけっこうあったように思います。

それでも何度か繰り返すうちにコツもわかってきて、
上手に脱毛できるようになれたのかもしれません。

ですが、私の場合は、試してみたのは一回きりでした。

マメで手先が器用で、お肌が丈夫で、痛みに強く、勇気のある方には

むいている方法かもしれませんね^^。

初めての脱色

毛の色を肌の色と近い感じ(保護色?)にして目立たなくする、

いわゆる脱色という方法は、

やはり同じクラスの松山千春子(仮名)さんから知りました。

千春子さんの腕の毛は、限りなく白に近い金髪のようにキラキラしていました。

きっと何か特別な処理をしているのに違いないとすぐに思いました。

ある日。思い切って千春子さんに訊ねてみると、

「ああ、これ、これは、脱色してんねん」と答えてくれました。

それから、脱色の仕方について

いろいろと教えてもらったのです。

ヘラのようなもので、脱色したい部分の毛に厚めの脱色剤(クリーム)を塗り、

しばらくおいて、うまく脱色されたかどうか確認してみて、大丈夫なら洗い流す、

というような手順で行うようでした。

実際、私もそのような手順で試してみました。

私の場合も、確かに脱色はされたのですが、どうもフサフサ感はさほど変わらなかった

ような気もいたします。でもまあ以前に比べれば目立たなくなったと思える仕上がりでした。
(後に、時間が経つにつれ伸びてきた黒い毛と混じって妙な感じになりましたが)

やはりその時も肌をかなり傷めてしまいました。

(あと、うっかりクリームを、その時着ていた服につけてしまい、服の色は何色
だったか忘れましたが、ついた所の色が抜けて白っぽくなったのを覚えています)

【レーザー脱毛】固定費効果測定用プログラム
    レーザー脱毛~毛深いワタシにさようなら~のTOPへ